私たちの住む町、吹屋は江戸時代の町並みから成り
昭和52年に全国で8番目となる国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された町。
しかし、過疎化の波には勝てず、空き家が目立つように。
空き家の改修も随時行われても、人の住まない空き家の老朽化早い。
このままでは町の活気も衰退して行く一方。
なんとかしてこの町を未来につないでいきたい。
そこで、これまでの「改修して終わり」ではなく「改修して活用する」、
を目標にとして地元住民が株式会社吹屋を設立。
一棟貸しの宿「町家ステイ吹屋 千枚」をオープン。
ホスピタリティの精神や地元の食材を活かした料理。
1から勉強し、お客様を迎える準備を整えて来ました。

町の北側の静かな通りにある町家ステイ吹屋 千枚。
まるで時が止まったような風景、
四季折々の草花、
鳥や昆虫の鳴き声、
夜空いっぱいに輝く星空、

古き良き時代を感じていただける町、吹屋。
高原集落吹屋での暮らしを五感で体感してください。

吹屋動画はこちらから>>>